アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

先天的に皮膚バリア機能が低下しており、後天的にさまざまな刺激因子が作用して、慢性に湿疹・皮膚炎を繰り返します(乳児期で2か月以上、その他では6か月以上)。喘息やアレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎の家族歴や既往歴のあることが多いです。
診断、重症度の評価をし、悪化因子の検索を行います。治療は、保湿剤とステロイド外用薬が中心になりますが、症状に応じて抗ヒスタミン薬の内服やプロトピック軟膏の外用も行います。重症の場合は免疫抑制剤の内服も行います。

タイトルとURLをコピーしました